ホテル日航アリビラ

【概要】
スパニッシュコロニアル様式のリゾートホテル
【ゲストルーム】
鮮やかなインテリアとうれしい気配り
【レストラン】
おいしい、うれしい、ランチタイム
【エステ】
ゆったりとした贅沢なリラクゼーションタイム
【ウェディング】
海と太陽に囲まれた感動のセレモニー
【トピックス】
環境に優しい『エコフレンドリーリゾート』

スパニッシュコロニアル様式のリゾートホテル

概要

概要

沖縄県読谷村。那覇空港より、国道58号線を名護向けに約29km、車で約1時間。
サトウキビのトンネルを抜けると目の前に広がる沖縄サンゴ礁の青い海。海沿いを少し走ると、正面にお城のような建物、「ホテル日航アリビラ」があります。 沖縄の青い空と、スパニッシュコロニアル調の赤瓦屋根と白壁が織り成すコントラストは目を奪われます。
ロビーには、ゆったりと寛げるソファー。辺りには品のいいアイアンの照明や家具が並び、どこまでも続くアーチ型の美しい回廊は異国情緒を漂わせます。
396室の大型ホテルなのですが、客室を4つの棟に分散させて高層化を避け、威圧感を感じさせないプライベートなたたずまいに建築されています。
フロアや中庭のいろいろな場所にある、アンティークの置物や絵画は美術館さながらで、ホテル内を歩くだけでも楽しめます。
スペイン語のAlivio(寛ぎ)とVilla(別荘)を組み合わせた「アリビラ」という名前のとおり、心も体もリフレッシュできる極上の旅を過ごせることでしょう。

パティオからの景色

パティオからの景色

アーチ型の回廊

アーチ型の回廊

アイアンのシャンデリア

アイアンのシャンデリア

▲このページのTOPへ

鮮やかなインテリアとうれしい気配り

ゲストルーム

ゲストルーム

アリビラは「ノースウイング」「センターウイング」「ウエストウイング」「サウスウイング」の4つの棟で構成されています。
どの棟にご宿泊されても、大型ホテルの威圧感を感じさせないプライベートなつくりは、長期滞在のお客様にも居心地良くお過ごしいただけることでしょう。
全室、東シナ海を見下ろせるオーシャンビューの明るい客室になっており、沖縄の海・太陽・花々をした室内装飾は、さらにリゾートを満喫できます。
洗面台に設置されたスツールは、日本の女性の身長に合わせて作られているなど、女性への気配りも感じられます。
アリビラの客室には、部屋数の一番多い「スタンダードツイン」、ウエストウイングの先端に位置する「アリビラスイート」の他に、上質な寛ぎを追求した「プラシエンテツイン」など目的に合わせてお好きなお部屋をお選びいただけます。
全室43uを超える広さの、ゆったりとしたつくりになっています。
人気のお部屋は2009年に改装された「ニュースタンダードツイン」のお部屋です。
喫煙ルームと禁煙ルームが選べるので、タバコの臭いが気になる方にはうれしい気配りになっています。
アリビラのパティオ(中庭)を彩る、イエローハイビスカスや四季をとおして豊かな木々の緑をテーマカラーにし、スパニシュタイルからインスピレーションを受けた絨毯、快適な眠りのために選び抜いたベッドやリネン類など部屋のあちらこちらにこだわりを感じます。
改装されたばかりのキレイな「ニュースタンダードツイン」のお部屋に一度泊まってみてはいかがですか。

プラシエンテツインの客室

プラシエンテツインの客室

ガラス張りのシャワールーム

ガラス張りのシャワールーム

こだわりのスツール(洗面台)

こだわりのスツール(洗面台)

▲このページのTOPへ

おいしい、うれしい、ランチタイム

レストラン

レストラン

アリビラには、ブラッスリー「ベルデマール」、日本料理・琉球料理「佐和」、中国料理「金紗沙」、鉄板焼「護佐丸」、ハーブ&グリル「ハナハナ」の5つのレストランがあります。また、3月頃から11月頃まで時期に応じてビーチサイドバーベキューレストラン「ソル」もあります。
朝食バイキングをいただけるブラッスリー「ベルデマール」。
常時20種類以上のメニューがあり、シェフによってその都度焼き上げられるオムレツやフレンチトーストは絶品です。
揚げたてのサーターアンダギーが人気の日本料理・琉球料理「佐和」では、和食の定食が用意されており、お好みで琉球料理にこだわった朝食もお選びいただけます。
ランチにおすすめなのがハーブ&グリル「ハナハナ」。
白を基調とした店内は、大きな窓からたくさんの光を取り込み、明るく清潔感にあふれています。
食事をしながら見えるのは、美しいオーシャンビューと青々とした中庭の景色です。
ハーブと多彩な野菜と沖縄の素材をふんだんに盛り込んだカジュアルランチバイキングは、和食と洋食の多彩なメニューが用意されています。
月ごとに変わるメイン料理のほかに、常時20種類以上のお料理と、ベーカリー特製のデザートをお楽しみいただけます。
ランチの料金は、大人2000円、小学生1200円、幼児600円となってます。(※土・日祝祭日は、大人2500円、小学生1200円、幼児750円で天ぷら、寿しが食べ放題)ボリューム満点なランチをお楽しみください。

朝食の多彩なメニュー

朝食の多彩なメニュー

シェフが目の前で調理してくれます

シェフが目の前で調理してくれます

白を基調とした店内

白を基調とした店内

▲このページのTOPへ

ゆったりとした贅沢なリラクゼーションタイム

エステ

エステ

ホテル内とは一風変わって、南国アジアンテイストな室内。
耳に心地よい波の音と、沖縄の音楽がBGMとして流れ、リラックス効果のあるアロマオイルの香りが漂います。
おすすめは「クチャヒーリングセラピーコース」。
「クチャ」とは沖縄の方言で「泥」のことで、琉球王朝時代から美容アイテムとして使われていました。
クチャは何万年も海底に沈殿していたため、ミネラルを豊富に含んでいます。
クチャ(泥)に含まれる有効成分がお肌をツルツルにしてくれる沖縄ならではのトリートメントです。
最近では、ご夫婦やカップルでペアプランを利用される方がいらっしゃり、男性のお客様の利用も増えてきているそうです。
お二人そろって、心と体を優しくほぐし、贅沢なリラクゼーションタイムというのもおすすめです。

アジアンテイストの店内

アジアンテイストの店内

クチャ

クチャ

▲このページのTOPへ

海と太陽に囲まれた感動のセレモニー

ウェディング

ウェディング

「アリビラ・グローリー教会」は、緑の芝の上、白い砂浜と美しい海をバックにたたずんでいます。
扉を開くと、青い空と海をバックにした祭壇が目に飛び込んできます。祭壇までのバージンロードは、沖縄県内で最長の14m。壁にはめられたステンドグラスからは、キラキラと光が射し込みます。
この「アリビラ・グローリー教会」では年間約800組のカップルが式を挙げています。
式を挙げられる方の8割が県外からお越しになるそうで、実際に教会をご覧になって、海の近さに感動される方や、教会の広さに驚かれる方が多いそうです。
教会には、これまでに挙式なさったご夫婦の名前を刻印されたプレートが保管されています。
挙式直後、ご新郎・ご新婦のお二人がプレートにイニシャルを刻み、お二人でプレートを教会の棚へ入れ保管します。
挙式の後、お生まれになったお子様を連れてプレートを見にいらっしゃる方も多いそうです。
「アリビラ・グローリー教会」で、海と太陽に囲まれて行われる感動のセレモニーは、一生忘れられない思い出になるでしょう。

スパニッシュコロニアル様式の教会

スパニッシュコロニアル様式の教会

海をバックにした祭壇

海をバックにした祭壇

県内最長のバージンロード

県内最長のバージンロード

▲このページのTOPへ

環境に優しい『エコフレンドリーリゾート』

トピックス

「ホテル日航アリビラ」が面する読谷村の海岸は沖縄本島屈指の透明度を誇ります。
この美しい自然環境を守るために「ホテル日航アリビラ」では様々は配慮がなされています。
ビーチの造成も海岸線の岩などは環境に配慮しそのままの常態で残しています。
そのため、潮が引くと遊泳できないほど浅瀬になりますが、干潮の海と満潮の海ありのままの自然を体験でき、干潮時には、潮干狩や潮溜まりの生物の観察などのプログラムも楽しめます。
その他にも、洗濯排水の減量化を図るため、お客様にリネン類の交換を行わないシステム「エコカード」のご協力を呼びかけています。
「ホテル日航アリビラ」は、「エコフレンドリーリゾート」を目指し沖縄の自然環境を守っているのです。

ニライビーチ

ニライビーチ

エコカードメージ

エコカード

▲このページのTOPへ